インデックス型かアクティブ型か?


こんにちわ

投資信託を始めたことは、
ここ何記事かで書いてきましたが、
始めて次に悩むのが、ファンド選び。

で、その辺の入門書とか見ると、
「初心者はインデックス型のものを選びましょう」
みたいなことを書いてあるんですが、

わからんでもないですが、
一概にそんなことを言ってもいいものか?
と思ったので、一つ物申します。

インデックス型とアクティブ型

そもそも「インデックス型」とは、

投資信託のファンドは、運用方法で
・インデックス型
・アクティブ型
の2種類に分かれます。

〇インデックス型

指数(日経平均など)に連動するように運用する。

〇アクティブ型

ファンドマネージャが投資先を選別し、
独自の運用成績を追求する。

そして、運用中に投資資金から差し引かれる、
信託報酬というものがあるんですが、
一般的には、インデックス型の方が信託報酬が安い。

それで、初心者はインデックス型のほうがいい。
というのが通説になっています。

では、どっちがいいか?

それじゃあ、どっちがいいかって、
個人的な意見なんですけど、

そもそも、投資信託って、
個別の投資先を選ぶのが難しいから、
プロに任せて運用してもらおう。
というものですよね。

なので、その選ぶ部分を、
ちゃんとやってくれるファンドの方が、
普通に考えたらいいように思います。

アクティブ型のファンドは、
投資先を選んで絞り込んだり、
割合などを適宜調整して、
運用成績を上げるための努力をしている。

一方、インデックス型のファンドがしてるのは、
運用成績を上げるための努力ではなくて、
指数の動きに追従するための努力です。

指数が上がっているときは、
上がるように動くし、
下がっているときは下がるように動く。

成績を上げるための努力は、
誰もしていないんですよね。

なので、長い目で見たら、
増えるか減るかは、流れに身を任せるだけ。

安定して増やそうと思ったら、
相場がどう動くかとか、
自分で見極めて調整したりする必要があります。

リーマンショック後の回復を含むここ10年間では、
相場全体が良かったので、

インデックスとアクティブに大差がない。
あるいはインデックスの方が
いい場合もあったかもしれませんが、

停滞したり、緩やかに下がるような場面では、
アクティブ運用のプロのファンドマネージャーの腕が、
如実に表れてくると踏んでいます。

ただし、アクティブ型のファンドの中には、
流行りのテーマでポートフォリオを組んで、
一時的なブームで注目を集めよう。
みたいなものがあったり、

あと、プロのファンドマネージャーの腕とか、
誰が良くて誰がイマイチかなんて、
素人には普通わからないですしねw

そういう意味では、インデックス型の方が、
とっつきやすくはあるかもしれません。

ただし、やっぱり長い目で見ると、
運用成績を上げる努力をしている
アクティブファンドの力が、
欠かせないものになってくると思います。
信託報酬の高さは、それだけの価値があるからです。

とっかかりとしては、
インデックス型ファンド中心のポートフォリオで、
とりあえず投資信託を始めて、
徐々にアクティブ型ファンドを組み込んでいく。
というのが理想なのかなと。

どうやって選ぶか?

そんな中、どうやってファンドを選べばいいか、
・・・ぶっちゃけわかりませんw

詳しい人が身近にいればいいですけど、
そうでなければ、本やネット上の情報を
頼りにするしかないでしょう。

ちなみに僕は、こちらの本を参考に、
日本株のアクティブファンドを選びました。

いま選ぶべきアクティブ投信この8本!

なんか、ぶっちゃけ、
タイトルが胡散臭いんですが・・・

あんまりこういう、おすすめとか、
鵜呑みにするのも良くないですしね。

ただ、中身をよく見ると、
わけもわからず単に「これがいい!」って
書いてあるわけではなく、
投信を選ぶ時の考え方から、
実際にその投信をお勧めする理由まで書いてあって、

そのおすすめ理由が、
自分が考える「こういうファンドがいい」
っていうのと一致しているので、
かなり全面的に、参考にしました。

というか、ここに書いてある投信を、
どれくらいの割合でポートフォリオに組み込むか。
という感じになってしまいましたw

僕が口座を持つ証券会社で、
取り扱っていないものもありましたけどね。

それと、「ひふみ」です。

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

この本を読んで以来、この本の著者でもあり、
「ひふみ投信」を運用する会社、
レオスキャピタルワークスの社長でもある。
藤野さんが好きになって、

今回投信始めたのも、
ひふみ投信を買ってみたい。
という思いがあったのは確かです。

そして、今回ポートフォリオに組みこんだ、
投信のファンドの共通点としては、
投資対象を選んで、
成長が期待できるものに絞り込んでいること。

まぁ、本来、
それがアクティブファンドの魅力だから、
当たり前っちゃ当たり前なんですけども・・・

よく、分散投資によるリスクヘッジとか言うので、
それとは逆行しているようにも思えますけど、

投資対象を絞るとリスクが高い。
それは間違いないと思います。

ただ、リスクが高いというと、
上がるときはたくさん上がって、
下がるときはたくさん下がる。
というイメージを持ちがちですが、
多分これは違ってて、

成長が期待できる銘柄、
市場全体に対して、強い値動きをする銘柄に絞っているので、
上がるときはたくさん上がるけど、
下がるときはあまり下がらない。

と解釈するのが妥当と思ってます。

絞っているといっても、
ある程度の分散はしてますしね。

ただし、仮に組み入れ銘柄の1つでも、
不慮の事態があって暴落した場合に、
投資対象を絞っていたら、
その影響度合いは大きい。
というのは間違いないです。

さらには、その銘柄選定が
間違っていることもあると思います。
人間だもの。

仮にそうなったとしても、
それは、信じて買った自分の責任ですしね。
まぁ、いいです。

それでも、ただ流されるまま流れるだけの、
インデックスに身を任せるよりはマシですよね。

というわけで、今回組んだポートフォリオで、
一旦は、しばらく運用していきたいと思います。

信じるとは、
騙されてもいいと腹をくくること。

といったところで、終わります。
ではでは(^o^)ノシ