投信かiDeCoかで悩んだ話


こんにちわ

資産運用はじめました。

始めるにあたって、いろいろ考えたことがあるので、
その辺を、何回かに分けてまとめたいと思います。

まずは、証券口座で投資信託を買うか、
確定拠出年金(iDeCo)にするか。

僕はあんまり、老後とか考えてなくて、
資産運用を始める目的としては、
多少余裕が出てきたお金をただ眠らせてないで、
運用して増えればいいなー。くらいに考えてたので、

証券口座は持っていたこともあって、
NISAがラスト1年なこともあって、
最初は、普通に投資信託をやろうと思っていたんですが・・・

では、なぜiDeCoという選択肢が出てきたかというと、
実は、iDeCoには、会社員だったころに加入してまして、

加入してからほどなく退職し、
その後は積立もせず、微々たる額で運用(というか放置)し、
毎年、手数料を差し引かれて、
ただただ資産が減っていくだけの状態になってたんですよね。

積み立て・運用して資産が増えたところで、
60歳になるまでは、引き出しもできなくて、
しょうもないなーと。

老後なんてあるかどうかもわかりませんしね。

だからと言って、解約もできないし、
ただ毎年手数料を引かれるだけで、
興味もないのに運用成績とか送り付けてくる、
ただの厄介者だと思ってましたw

ところが、改めて制度面を見てみると、
積立金(拠出金)が、課税所得の控除になるらしい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/gaiyou.html

というわけで、
ちょっとありかなー。
と思ったわけです。

じゃあ、どうするか?
普通に、証券口座で投信を買って運用するのがいいのか?
iDeCoを活用したほうがいいのか?

ざっくりと、両者のメリット・デメリットをまとめると、
こんな感じです。

投資信託

メリット

  • 解約自由
  • ポートフォリオの自由度が高い

デメリット

  • 掛け金、積立金が控除対象にならない
  • 利益が課税対象になる(NISAじゃない場合)

iDeCo

メリット

  • 拠出金は所得控除
  • 利益はすべて非課税

デメリット

  • 60歳まで引き出し・解約不可
  • 運用・投資できる対象が限られる

ざっくり過ぎますが、
自分の興味があるのはこんなところ。

いかんせん、税制面は魅力的なので、
できれば活用したいところですが、
でも縛りがきつすぎる。
動かせない金に価値はないですからね。

積み立てる資産が、すべて雁字搦めになってしまっては、
老後になる前に何かあったらどうすんの?
という感じはしますが、
直近の節税にもメリットがあるのは見逃せない。

と、いろいろ悩んだんですが、
よくよく考えてみれば簡単な話で、
縛りつけとく資産を、全部じゃなくて、
一部にすればいいんですよねw

というわけで、
投信:iDeCo = 2:1 くらいで積み立てていこう。
ということにしました。

何も〇か×かの二元論で考える必要は、
なかったんですよね。

中途半端ではありますが、
投資信託の銘柄選びとかも楽しみながら、
やっていこうと思います。

ではでは(^o^)ノシ