生まれ持った才能?


こんばんわ

連休はプチ引きこもりのさーもんです。

 

さて、

先日の日記で、Now Reading とした本、

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


なんですが、

読み終えました。

で、感想を書きたいと思います。

 

この本のテーマがですね、

「人が生まれながらに持ち、生涯不変の才能 」

そして、その生かし方。

ということで、

これで、ちょっと引っかかったところ。

本題からは少し外れるんですが、

述べさせていただきたいと思います。

 

生まれ持った才能は存在するか?

僕はこれまで、

「生まれ持った才能」というものの存在に否定的でした。

だってなんか・・・

言い訳っぽくないですか?

 

「あの人は才能があるから」とか、

「自分には才能がないから」とか、

うまくできるかどうかは生まれた時から決まってて、

自分はうまくできない方だから、

努力したって仕方がない。的な。

 

なんかこう、

「やろうぜ、ウェイウェイ」的なときに、

「自分にはどうせムリだから」的なことを言われると、

なんか気持ちが沈みますよね。

 

そういうことに対する嫌悪感とかがあるので、

「生まれ持った才能」という言葉を聞くたびに、

なんか腑に落ちないというか、

虫唾が走る思いでいました。

 

ただ、この本を読んでると、

シナプスがどうとか、

ニューロンがどうとか、

脳科学的なことも踏まえて説明されているので、

これについては納得せざるを得ません。

 

才能が無いからできないでいい?

そうすると、

「自分には才能がないからできるわけない」

というのも正論のようになってしまいますが、

そうではありません。

 

ここで述べられているのは、

才能というか、資質ですね。

「野球」とか「サッカー」とか、

特定の物事に対する才能ではなくて、

「社交性」とか「慎重さ」とか、

そういった抽象的なことに対するその人特有の資質。

ということです。

 

そして、この「資質」というものと、

「知識・技術」は明確に区別されています。

ある人に弱点があったとして、

その弱点が「資質」の欠如によるものであれば、

その道で成果を上げようとするのは時間の無駄でしかない。

としていますが、

知識や技術の欠如によるものならば、

必要な技術と知識を身につければいいだけのことだ。

と述べています。

 

つまり、資質によってどうにもならないこともあるにせよ、

単なる知識や技術の問題であれば、

当人の努力次第でなんとでもなる。

と捉えてもいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

そんなわけなんで、

これまで僕が持ってた、

「生まれ持った才能」

という言葉に対する変な感じというのは、

「才能」という言葉の定義の間違い。

にあることがわかりました。

 

それでも、テレビやらなんやらでは、

この「才能」という言葉が安易な形で使われ続けると思うので、

それに対する違和感というものは拭えないと思います。

 

いずれにしても、

努力を拒否する姿勢に対する見方は、

変わらないですかね。

 

ちなみに結果は?

最後に、この本のメインテーマでもある、

「ストレングスファインダー」

やってみたので、その結果を書きたいと思います。

 

約170~180の質問に答えて、

導き出された僕の資質は、以下の5つです。

  1. 内省
  2. 慎重さ
  3. 親密性
  4. 最上志向
  5. 収集心

 

1.内省

とにかく考えるのが好き。

ゆえに1人でいるのが好き。

説明する役割などにも向いている。

 

うん、考えるのチョー好きです。

間違いないですね。

説明については、うまいと言われたことはありますね。

考え込んだことや良く知っていることなら

自信を持って話せるんですけど、

即興や穴のあることではタジタジになります。

 

2.慎重さ

まじめ。用心深い。

危険を否定せず、表面に引き出す。

勢いで行動しがちな人のストッパー的な役目。

後方支援で力を発揮。

 

そうですね、どちらかというと裏方派です。

危険や不安なことは真面目すぎるくらい考えます。

歩道でも、立ち止まったり、歩くラインを変えるときは、

後ろからチャリが来てないかとか気をつけます。

 

3.親密性

本物の人間関係にのみ価値を感じる。

まわりと強い絆を結ぼうとする。

同僚や顧客が頻繁に変わるのは苦手。

周りからどう見られているか気になる。

 

おっしゃる通りです。

薄っぺらく幅広くよりも、

ディープでヘビーな関係を・・・

 

4.最上志向

強みに磨きをかけるのが好き。

弱点を克服するのは嫌い。

仕事で最高の成果を収めようとする。

失敗を立て直すのは苦手。

 

確かに、うまくいってるときはイケイケなんですけど、

つまずいたら折れやすいところはあります。

 

5.収集心

知りたがり屋。

物、情報、知識を蓄積するのが好き。

調査関係の仕事に向いている。

 

まぁ、本を読みまくってるところからして、

間違いないでしょうw

 

 

そんな感じで、

僕はこんな感じの人間です。

この結果が絶対というわけでもないでしょうけど、

一つ、参考にしていきたいなと思います。

ではでは(^o^)ノシ

 


「生まれ持った才能?」への2件のフィードバック

  1. 更新お疲れ様です。と、お久しぶりです。
    いくつか気になった記事がありましたが、コメントする事に躊躇しておりました。何に躊躇していたのかは分からないです。

    自分も同じように『才能』と言う一括りにされてしまう事に関しては同意見でしたが、(インドア派だからといって妬んでいたわけではないですからね…?)今回の記事を読ませていただき、少しは消化された感じがします。

    これからも更新頑張ってください!

    1. お、オレだってインドア派だから妬んでるわけじゃ・・・

      >巴さん
      お久しぶりです。

      特に「コメントしなきゃ」とか気負う必要もないので、
      気が向いたらまた一言くださいw

コメントは停止中です。