大人ってなーんだ?


こんばんわ

さーもんです。

 

今日は何の日だ?

そうです。

ただの日曜日です。

 

じゃあ、明日は何の日だ?

そうです。

成人の日です。

おそらく、多くの地域では成人式が開催され、

新成人の方々が大人の仲間入りをすることでしょう。

 

地域によっては、

違う時期に開催されたりと、様々だとは思いますが、

その辺は、置いといていただけると幸いです。

 

ちなみに僕の地元では8月に開催されています。

僕自身は、出席しなかったんですけどねw

もう25年も前のことですけども。(ウソ)

イマイチ大人にならないのはそのせいかもしれませんね。

 

 

さてさて、

そんな成人の日なんですが、

成人式における問題行動が

ニュース等で取り上げられるようになり、

新成人のモラルの低下

が叫ばれるようになって久しいですね。

 

成人式で暴れるような人を大人と呼べるのか?

他人の話を聞かない人を大人と呼べるのか?

疑問に思っている人もいることと思います。

 

 

そこでなんですけど、

「大人」ってなんですか?

 

大きい人?

ウル○ラマンですか?

 

それは冗談として、

他人の迷惑を考えられる人?

落ち着きがあって、常識があって・・・

とか、いろいろあると思います。

 

僕が今日ここで紹介したいのは、

三田紀房先生のマンガ、

「ドラゴン桜」だったか、

「エンゼルバンク」だったかは、

忘れてしまったんですけど、

その中に出てくる桜木先生の言葉です。

(ちなみに↑の2つのマンガは、続きのストーリーになっていて、

桜木先生は両方に出てきます。)

 

「大人とは、他者に何かを与える事ができる人」

みたいな感じだったと思います。

 

そうですね。

子供は、完全に与えられる立場ですね。

お金も、知識も、経験も。

大人に与えられたものによって生活し、

あるいは成長していくものです。

 

これが、何かを他人に与えられるようになった時、

1つ大人になったと思ってもいいんじゃないでしょうか?

 

何でもいいと思います。

仕事で会社に貢献することとかもそうだと思いますし、

むしろ、もっと単純なこと、

例えば、道を尋ねられたときなんかに、

快く教えてあげれば、互いに笑顔になると思いますし、

そんな程度のことでもいいんじゃないかな?

と僕は思います。

 

実際、コンビニとかで買い物をしたときなんかに、

「どうも」と会釈していくようにしています。

意味があるかどうかは、わかりませんけどもw

 

 

いずれにしてもアレですよ。

別に大人だって騒いだりしてもいいと思いますし、

(時と場合を考える必要があるとは思いますが)

落ち着きなくても、多少の無知があっても、

いいと思います。

 

ただ、なんでしょう。

我先にと自分の権利ばかり主張するのではなく、

自分が誰かにしてあげられることを考える。

っていうことが大事なんじゃないかと思います。

 

そんな感じで、

自分のできることから、

少しずつ大人になっていこうと思います。

ではでは(^o^)ノシ