「テクノロジー」カテゴリーアーカイブ

テクノロジー関係の気になったニュースとかです。

MU-MIMOについて


こんばんわ

さーもんです。

 

昨日の続きです。

 

WiFiの速度を格段にアップさせる、

マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)

っていう機能についてなんですけど、

 

MIMO(マイモ)っていう機能自体は、

結構前からありましたよね。

複数のアンテナでそれぞれ別々のデータを

送信することができるようになり、

通信速度が格段に上がった。

っていう機能です。

 

WiFi規格で言うと、

IEEE802.11nから採用されたやつですね。

これによって、従来の通信速度、

最高54Mbps(理論値)から、

最高600Mbps(理論値)になりました。

 

これだけでもすごいですけどねw

 

さらにさらに、

次の、IEEE802.11acってやつになると、

「チャンネル帯域幅の拡大」、

「変調信号の多値化」、

「利用アンテナ数の拡張」によって、

理論的にIEEE802.11nの通信速度を、

10倍以上も更新して、

6.9Gbps

になるとのことです。

 

あくまで規格の理論値ですけども・・・

実際にここまでの速度を、

実現している機器はまだないみたいです。

ただ、最高速度Gbpsの境地に踏み入れた、

WiFiルーターは出てきてるみたいですね。↓↓

 

 

それと、このIEEE802.11acからは、

冒頭でふれた、MU-MIMO

っていう機能を採用していて、

 

これまでのMIMOは、

複数のアンテナを使ってはいたものの、

通信相手は1度に1つの端末。

つまり、ルーターやアクセスポイントが、

複数の端末と通信する場合、

時間で区切って順番にやり取りしていたので、

実際に通信している端末以外は、

待ち時間になっていたんですよね。

 

囲碁の「3面打ち」とかみたいな感じですかね。

 

それが、MU-MIMOになると、

それぞれのアンテナで、

別々の端末と通信できるようになるので、

待ち時間が少なく、

接続する端末が多くなっても、

各々の通信速度が落ちにくい。

っていう特徴があるみたいです。

 

たとえるなら・・・

千手観音ですかね?

 

 

ただ、やっぱり、

このMU-MIMOの恩恵を受けるためには、

対応した機器を使わなければなりません。

当然ですが・・・・

 

MU-MIMO対応のルーターは、

結構出てきてるみたいです。

Amazonを物色してみると、

 

NEC (Aterm)

NEC Aterm WG2600HP 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 同時利用タイプ 1733+800Mbps PA-WG2600HP

新品価格
¥16,240から
(2015/9/27 19:58時点)

BUFFALO

BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733 800Mbps ハイパワー Giga 1.4GHzデュアルコアCPU搭載 WXR-2533DHP

新品価格
¥21,300から
(2015/9/27 19:58時点)

ネットギア

NETGEAR Nighthawk X4 802.11ac.a.b.g.n対応 1733 600 Mbps 2バンド(2.4GHz/5GHz) 無線LAN親機 3年保証 R7500-100JPS

新品価格
¥18,180から
(2015/9/27 19:57時点)


ASUS

ASUSTek Tri-Band対応 11a/b/g/n/ac 600 1300 1300Mbps無線ルーター RT-AC3200

新品価格
¥37,980から
(2015/9/27 20:04時点)

ASUS 11ac/n/a/b/g Giga 1734 600Mbpsハイパワー無線LANルーター【iPhone6/Android/PSV/3DS対応】 RT-AC87U (Ai Protectionセキュリティ/100GBクラウドストレージ1年間無料)

新品価格
¥22,266から
(2015/9/27 20:15時点)

ってな感じみたいです。

まだ、そんなに多くなさそうですね。

 

他にもあるかもしれないですけど、

メーカーのサイトで、

「MU-MIMO対応」的なことが、

明記されているものに限定しました。

 

IEEE802.11ac即ちMU-MIMOでは、

ないみたいですね。

もちろん、このほかにも11ac対応で、

Gbps超えてるものもあります。

 

 

ただですね、

端末側がMU-MIMO対応っていうのが、

まだあまり出てきてないみたいなんですよ。

 

スマホだと、シャープの一部機種とか、

(SH-03GSHV32など)

しかないみたいなんですよね。

 

なので、普及はもうちょっと先になるんですかね?

その辺はよくわかんないです。

 

というわけで、

今日はこの辺にしたいと思います。

ではでは(^o^)ノシ

 

参考サイト:

ルーターのメーカーサイト


スマホでWiFi測定してみた


こんばんわ

さーもんです。

 

なんかフッと立ち寄ったコンビニでですね、

とある雑誌の表紙に、

反応してしまいましたw

日経PC21 2015年 11 月号 [雑誌]


日経PC21の11月号。

劇的改善 WiFi

って書いてあったので、

別に、家のWiFiが遅くて困ってる

というわけじゃないんですけど、

ついつい興味本位で、

買ってしまいましたw

 

この病気は、

治りません。

 

ほんでですね、

WiFiルーターの置き場所とか、

「こうした方がいい!」

って書いてあったりですね、

WiFiの測定アプリが紹介されていたので、

インストールしてみたりしてですね、

遊んでたわけです。

 

WiFiオーバービュー360(Android版)

iPhone版はわかんないです。

別の、似たようなアプリがあるんじゃないですかね?

 

で、これで遊んでると意外に面白くてですね、

WiFiオーバービュー360_-73dBm

こんな感じで、WiFiの電波強度とかが、

表示されるんですよ。

下の通信速度のところが、

切れてしまったんですけど・・・

 

ちょっと、単位がdBmって、

なじみ無いかもしれないですけど、

電波の強度を表す時に使われる単位ですね。

だいたい、-(マイナス)の値なことに注意です。

 

WiFiでは、-50~-40dBmくらいが適切で、

-65dBmを下回るくらいだとダメ。

って、日経PC21には書いてましたw

強度が弱いと、通信速度も遅くなったり、

遅くならなくても安定しなかったりしますからね。

 

もう-73dBmとか、

クソですね。

これが、いつもスマホ使ってる位置での、

電波強度なんですけど。

いつも、クソみたいな環境で使ってた、

ってことですね。

 

そんなに不快に思ったことないですけど・・・

まぁ、家にいれば、

ネット見るときは大抵PCですからね。

スマホ使うのは、ゲームと、

スマニューとか見るときくらいです。

 

ただ、これが、

同じ部屋の中でも、

WiFiルーターが置いてあるリビングに近い、

部屋の入り口付近に行くとですね、

-52dBm

なんと、-52dBmまで上がりました。

 

通信速度が変わってないんですけど、

これは何なんですかね?

まぁ、こんなこともありますよ、

ってことですかね?

 

とはいえ、

同じ部屋の中でも、20dBも違うんですね。

20dB(デシベル)っていうと、

電波の強度を、dBmじゃない、

普通のW(ワット)とかで表すと、

100倍違うってことですからね。

 

この辺の計算は・・・

電波工学になじみが無い人は、

わかりにくいと思いますけど、

そういうもんだと思ってください。

+3dBで約2倍、+10dBで10倍。

対数(log)の計算を使ってますね。

 

100倍ですよ100倍。

同じ部屋の中でですよ。

 

でも、やっぱ、

テレビの置いてある位置とかも、

関係あるのか、ないのか。

 

いずれにしても、

スマホ使うときは入口付近で。

ってことですかね?

めんどくせ。

 

 

ってな感じで、

ホントは、こんなことをグダグダと

書くつもりはなかったんですよ。

 

↑↑↑の中に出てきた、

「マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)」

っていうのが気になったので、

調べてみようと思ってたんですけど、

もうけっこうな長さになってしまったので、

明日にしようと思います。

 

というわけで、

ではでは(^o^)ノシ


Androidスマホの画面をノートPCでキャプチャ


こんばんわ

さーもんです。

 

今日はですね、

ゲームの動画撮影に使ってる道具を、

紹介したいと思います。

 

僕が使ってるのは、Androidなんですけど、

なんか、最近の新しいやつは、

画面キャプチャ機能が付いてるみたいなんですよね。

Android 4.なんぼ以降だか

忘れましたけど。

 

でも、僕のは2年以上使ってるやつなので、

そんなものは付いていない!

 

でもやっぱ、

ゲームとかで発信するなら、

ブログとかでスクショでやるより、

動画の方が動きがあっておもしろいよな。

っていうのは思ってたので、

いろいろ調べてみてました。

 

で、辿りついたのがこれなんですけど、

Hy MHL to RCA(アナログコンポジット)変換アダプタ HY-MHLRCA1

MHL to RCA変換アダプタ。

Amazonにて発見。

 

AndroidのmicroUSB端子から、

画面情報を出力するためには、

「MHL」っていう方式を 使うんですけど、

写っている画面を動画として、

HDML形式で出力するってやつですね。

HDML端子
HDML端子

こんなやつです。

テレビとDVD・BDレコーダとかを、

つなぐケーブルですね。

 

で、この形式からさらに

RCA(アナログコンポジット)形式に変換して、

出力してくれるケーブルです。

黄色・赤・白3色のやつですね。

 

なんでこんな

めんどくさいことしてるかというと、

 

僕のノートPC、

このHDMLの端子が付いてるし、

僕のスマホがMHLに対応してるので、

MHLケーブルさえ買えば

できるんじゃないか?

って思ったんですけど・・・

 

MHLケーブル自体は、

その辺の家電量販店で

売ってますからね。

 

でも、それだとダメみたいで、

ノートPCのHDML端子って、

出力専用みたいなんですよね。

なので、Androidからの画像出力を、

HDMIで入力するのはムリなんですよ。

 

で、ノートPCの入力端子と言えば、

USB。

I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2

これは量販店でも売ってます。

RCAの信号を、

USBに変換してPCに入力するものです。

 

で、これと、↑↑のやつを組み合わせて、

動画キャプチャ_接続

こんな感じで接続して撮影してます。

で、MHLに電源供給しなきゃならないんで、

USB延長ケーブルで伸ばして繋げて、

って感じですね。

真ん中らへんの1個浮いてるやつは、

つなげなくてもいいやつです。

 

ただこれ、

HDMIの画像データはデジタル。

RCAの信号はアナログ。

USBで入力するときはデジタル。

なので、

デジタル→アナログ→デジタル

って変換しまくってるので、

画質はあまり良くないです。

 

参考にしてみてください。

動画チャンネル↓

https://www.youtube.com/channel/UCyO95uu1T_Hi0Abthc57Jxw

一応、見れるには見れる。

 

で、今のところ、

動画の保存は、

USBビデオキャプチャーの付属ソフト。

編集は、

Windowsに最初から入ってたソフトを、

使ってます。

もっといろんな編集とかしたくなったら、

用途に合わせて変えていくのかな?

って感じです。

 

そんなところで。

説明くどかったかもしれないですけど、

いつものことなんで・・・

まぁ、そんな感じでやってますよ、

ってことで終わりたいと思います。

 

ではでは(^o^)ノシ